快適なバスタイムを楽しもう!ユニットバスの使い方あれこれ

pixta_23669881_s

バス・トイレが一緒の部屋か別の部屋か・・・部屋選びの際にもっとも迷う条件の1つですよね。

「そりゃ別がいいに決まっているよ」という人が多いかと思います。実際にワンルームを探しにくる人があげる妥協できない条件で圧倒的に多いのが「バス・トイレ別」というのが現状です。

そんな嫌われ者のバス・トイレが一緒のお部屋ですが、意外とメリットもあるのをご存知ですか?今回はそんなポジティブな視点からユニットバスを考えてみたいと思います。

 そもそもユニットバスとは

「ユニットバス」とはお風呂とトイレが一緒になっているものを指す言葉ではなく、ユニット(組み合わせ)式のバスルームのことです。簡単に言うと作成済みのユニットを現地で組み立てれば完成できますよ、といったものですね。

ユニットバスには組み立てから設置が簡単で早い、安価で設置・改装ができる、水漏れしにくい、断熱性が高い、などのメリットがあることから特に賃貸住宅ではかなりの割合で導入されています。一般的に「お風呂・トイレ・洗面台が一緒になっていて、狭くてイヤだな」と嫌われているのはユニットバスの中にお風呂、洗面台、トイレが一緒に備え付けられているいわゆる「3点式ユニットバス」のことです。2点ユニットバスはお風呂と洗面台が一緒でトイレを独立させたもので、そこからさらに洗面台を独立させると「独立洗面台」という区分けになります。

部屋選びの時は、単純にユニットバスだから良い悪いという判断はせずに、3点式のユニットなのか・2点式のユニットなのかを確認した上で判断しましょう。

バストイレ別・ユニットバスのメリット・デメリット

バストイレ別のメリットはユニットバスのデメリット、バストイレ別のデメリットはユニットバスのメリットになります。当たり前のことですがそれぞれのメリットとデメリットが入れ替わっているような違いになっています。

空間・湯船の広さ

やはりバストイレ別の方がスペース的に広いので、物も置きやすく快適に使えます。浴室やトイレでゆっくり過ごしたい(読書など)人にはメリットです。

ユニットバスの湯船は正直狭いです。小柄な人でも足を伸ばして浸かることは出来ないと思います。逆に狭い分、使うお湯の量は少ないので、お湯がたまるのが早いですし、ガス・水道代は安くつきますね。また、バストイレが一緒になることで必然的に場所を節約しているので、その分部屋や収納スペースが広くなっている物件もあります。

トイレのインテリア

バストイレ別だと、トイレが浴室と別になっていることでインテリアにもこだわることが可能になります。浴室と一緒だと湿気の関係で置けるものが限られてしまいますからね。ユニットバスでも出来ないことはありませんが、バストイレ別に比べると飾り方に制限があるということになります。ユニットバスでもとてもオシャレにしている人もいますので、雑誌などを参考に見てみるといいかもしれません。

洗い場の有無

湯船と別に体を洗うスペースがあることが大きいです。やはり体も洗いやすいですし、湯船にお湯をためた状態で体を洗えるのはバストイレ別のメリットです。シャワーだけで済ますことが多い人であれば、ユニットでも問題ありません。湯船に浸かりたい場合は、湯船に使ったあとに、お湯を抜きながら体を洗うという使い方になります。

臭いなどの衛生面

バストイレ別だとトイレの臭いが浴室に来ないのがメリット。気になる人は気になりますよね。あと、心理的に浴槽の隣にトイレがあるのが無理な人もいると思います。

掃除

ユニットバスだと、お風呂もトイレも同時に洗えてしまいます。シャワーで一気に流してしまえますからね。万一、トイレを詰まらせてしまい、汚水が逆流したときも階下への漏水などを心配する必要はありません。バストイレ別だと掃除は別々ですし、広いぶん時間と手間がかかります。こちらはトイレを水洗いすることは出来ませんので、拭き掃除メインになると思います。

家賃

一般的にバストイレ別の方が高くなります。バストイレ部分の違いだけだと、1万円弱くらいの差額になるかと思います。しかし、バストイレ別の物件というのは、それ以外の条件もより良い内装になっている場合が多いです。そのため、バストイレ別を条件に物件を探すと、キッチン周りや部屋の内装もオシャレな物件しか出てこなくなって、家賃として1万〜2万円くらい高い物件になってしますかもしれません。

様々なメリット、デメリットの例をあげましたが、実はユニットバスのデメリットを無くす使い方もあるんです。以下は「こんな使い方も出来る」という例です。参考までにどうぞ。

シャワーカーテンを使わない

ユニットバスは浴槽から外に水が出ないように、シャワーカーテンを使うのが一般的です。ホテルのユニットバスにもカーテンがついてますよね。このカーテンを取り払うことで、空間を広くすることができます。デメリットは、トイレの部分も濡れてしまうこと。床が濡れてトイレ使えなくなるかと思いきや、トイレ用にゴム製のスリッパなどを利用して使っているようです。

シャワーカーテンは使っているとカビが生えたりもしますので、使わなくてもいいならそれもありですね。シャワーカーテンを外すことにどうしても抵抗がある、という人は透明や半透明のシャワーカーテンを利用しましょう。色つきのものよりは空間を広く感じることができますよ。

壁や天井を活かす

%e5%86%99%e7%9c%9f1

3点ユニットバスは狭いものが多いです。シャンプー、リンスや芳香剤などの小物の置場にも困ってしまいます。壁や天井に設置できる収納器具をフル活用し、ごちゃごちゃとした空間にしないよう注意しましょう。写真のようなシャワーフックに吊るすタイプのものやフックに差し込んで固定するタイプのものなど、様々な種類のアイデア収納グッズが市販されています。

インテリアを工夫して衛生面の嫌悪感を低減する。

%e5%86%99%e7%9c%9f2

3点ユニットはお風呂を使用した後にトイレが使用しにくくて・・・という声をよく聞きます。こちらは床にすのこや玉砂利、人工芝などを敷き詰めて床が乾燥しやすい工夫がほどこされています。見た目も爽やかで浴室内にトイレがあることの心理的な嫌悪感も幾分軽減されるような気がします。すのこなどがあればシャワーカーテンが無くてもなんとかなりそうですね。グリーンなどを置けばちょっとした庭園調のユニットバスになるかも。砂利を使用する場合は排水の詰まりや床面の傷にくれぐれもご注意を。

トイレを洗い場として使ってしまう

3点ユニットバスをものともしない人たちの中には、シャワーカーテンを使わないどころか浴槽の外(トイレ部分)で体を洗ってしまう猛者もいます。

3点ユニットバスの新しい使い方 (YouTubeへジャンプします)

↑ こちらはその参考動画。トイレに椅子をセットして洗い場として使ってしまっています。トイレを無視して普通のお風呂場として使う感じですね。たしかに、トイレが少しの間濡れた状態になるだけですので、やり方次第で可能と言えば可能です。

 

いかがでしたでしょうか。

もし、ユニットバスの部屋に住んだことが無い人はホテルの部屋をイメージすればいいかと思います。ホテル暮らしでも問題無いなって思う人であれば、ユニットバスの部屋でもそれほどストレスにならないと思います。

個人的にはユニットバスでもたまに湯船につかるくらいなら問題ありません。どうしてもくつろぎたくなったら、銭湯に行くという手段もできますしね。これが、バス・トイレ別にしてしまうと、使っても使わなくても家賃は払うことになります。

ユニットと言っても種類やデザインがありますので、意外とユニットバスへの嫌悪感が無いものが見つかるかもしれません。色々探してみましょう。