一人暮らしの必須家電&そのおトクな買い方

「一人暮らしに必要な家電製品って、実家にあるものと同じでいいよね…」そんなふうに考えている人、いますよね。確かに実家にあるものは自分でも使っているので必要だと思います。しかし、実家は家族で使用、一人暮らしは自分のみということは忘れないでほしいポイントです。当然種類や大きさなども違ってくるはず。そこで、一人暮らしに「必須な家電」、さらに「あると便利な家電」をみていきましょう。また、家賃や光熱費、食費など、実家暮らしよりお金がかかる一人暮らしですから、できるだけおトクに買いたいですよね。そんな方法も併せてみてみましょう。

home-electronics

毎日の生活に欠かせない家電ってナニ?

必須の家電製品って何?と考えたときに、冷蔵庫や掃除機、洗濯機といったよくある家電が思い浮かぶのではないでしょうか。でも、それらを持たなくても暮らすことができるのも現実。例えば、毎日外食や惣菜を購入、洗濯はコインランドリーやクリーニングを使い、掃除はハウスクリーニングを頼むといった生活。しかし、こうした生活にしてしまうとお金がかかるうえに、生活する能力まで失われてしまいそうですね。せっかく一人暮らしをするのですから、将来のために生活力を養ういいチャンスにもしたいです。そうなると、やはり家電は必須になります。

一人暮らし経験者に必須家電について尋ねると、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ・テレビがもっとも多い意見でした。確かに、“あると超便利”以上に、現代人にとっては “ないと困る”といった家電類です。
一人暮らしに適したサイズを調べると、冷蔵庫は140L程度くらい。料理を作って冷凍しておきたいという人はもう少し大きいサイズくらいがいいかもしれません。
洗濯機は5kgくらいで十分でしょう。購入時に注意したい点は、洗濯機の蛇口と取り付ける家の水道の蛇口の形状。これはさまざまな種類があるようなので、あらかじめ家の蛇口を調べたり、写真を撮っておくといいです。

電子レンジは温め機能だけでもいいですし、料理をしたい人なら、オーブンやトースター機能が付いているものもオススメです。温めるだけでのレンジでしたら、リーズナブルな価格で販売しているようです。

“これがあると便利!“という家電は?

今度は、生活にあると便利な家電を見ていきましょう。まずはキッチンアイテムから。炊飯器、電気ケトル、トースター、ホットプレートなどはいかがですか。
炊飯器はお米を炊くアイテムですが、料理が面倒な人にも適しています。お米を研いでスイッチを押せば勝手に炊いてくれ、冷凍すれば、好きなときにご飯を食べることができます。しかし、ご飯をあまり食べない人には、場所を取るだけの家電になってしまいそうです。ご飯は鍋でも炊けるので、そんな技を磨いてもいいかもしれませんね。

電気ケトルは、簡単にお湯が湧くのでけっこう重宝します。とくに忙しい朝は大活躍。今のような寒い季節には、もしかしたら“必須アイテム”という人もいるかもしれません。

次にお掃除アイテム。これはやはり掃除機でしょう。部屋の大きさにもよりますが、ハンディタイプの掃除機は保管に場所をとらず、しかも動作も簡単。オススメアイテムです。もしかしたら、フローリングのワンルームで面積も広くないという場合は、使い捨てシートをつけたフロアワイパーで十分かもしれません。続いて美容関係です。ヘアドライヤーやヘアアイロン、マッサージ器具などが挙げられます。「美」を考えたら、“あると便利”な製品ですよね。

最後に快適生活を送るアイテムも検討してみます。空気清浄機、除湿機、扇風機やサーキュレーター、暖房器具、テレビ、ブルーレイDVDプレイヤー、ステレオなど、たくさんの種類が出てきます。これらは、その人の生活スタイルや趣味ということに加え、お部屋の間取りや立地条件なども関わってくるので、お部屋が決まり、生活を送ってみてから検討するといいでしょう。

できるだけおトクに買うにはどうしたらいい?

家電は量販店で購入というイメージがある人も多いでしょう。量販店ではポイントがついたり、そのポイントを利用できたり、値引き交渉ができたりなどおトク感が満載です。また種類が豊富なので選ぶ楽しみもあります。アフターサービスもしっかりしているところが多いので、量販店で買うメリットは大きいかもしれません。
逆に足を運ぶ手間と時間の節約なら、ネットショップがオススメ。簡単に製品比較ができるので、効率的です。ネットの方が安かったという製品もあるでしょうから、一旦ネットで確認してから量販店に足を運んでもいいです。ただ、量販店でまとめ買いをしたり、新生活応援フェアといったセット販売の方が安くなることもあるので、よく吟味してください。

他にはアウトレットショップやリサイクルショップ、さらにはオークションという手もあります。こうした販売店やルートは新品ばかりではありません。新品にこだわりがなければ、見に行ってみるのもいいですよ。意外と目玉品に出会うかもしれません。

また、おトクに購入するポイントとして、型落ち製品を選ぶのもアリです。つまり今シーズンモデルではない製品は、価格が安くつけられている可能性が大。新製品の一つ前の製品などは、そんなに機能が変わらないこともあるので狙い目です。

一人暮らしは楽しみがいっぱい。そんな楽しい毎日を送るために、必須家電を賢く購入し、生活リズムをつかみながら、あると便利な家電をそろえて、一人暮らしライフをエンジョイしてくださいね。