一人暮らしはじめたからこそ、こだわりたい家具やインテリア

自分だけの“お城”、一人暮らしの部屋。好きな家具やインテリアグッズを置いたり取り付けたりして、好みの空間のテイストに仕上げることができますよね。家具やインテリアを選ぶ楽しみから、配置する楽しみなど、部屋作りは一人暮らしの醍醐味といえるかもしれません。そんな部屋作りでこだわりたい家具や、インテリアを検討してみましょう。

living_alone_interior

色味を同じにして部屋全体に統一感を

オシャレな部屋にしたい!そう思う人も多いでしょう。お気に入りデザインの家具でスタイリッシュに、手作りインテリアで可愛らしくなど、自分好みのオシャレ空間にしたいですよね。しかし、どうすればそうした部屋になるのでしょうか。まずはカラーで統一感を出してみましょう。例えば、モノトーン系とかナチュラル系などと決め、家具やインテリアの色味をそろえます。モノトーンで統一したいなら黒や白に加え、グレーのグラデーションカラーなどを使いましょう。ナチュラル感を出したいならホワイト、アイボリー、ベージュ、アースカラーなどがおすすめです。また、濃い色の木目調の家具を中心にしてもいいですね。その際はカーテンやラグ、寝具類もダークブラウンやベージュ、アイボリーといった色や柄のものを選びましょう。白を基調とした部屋もなかなか素敵です。白色は光を反射させるので、部屋を明るく開放的に見せる効果もあります。ワンランク上のテクニックとして、アクセントカラーを取り入れてもいいですね。クッションやベッドスタンドなどの小物を“カラーの統一感”とはかけ離れた色味にして、アクセントにするのもいいです。パッと目を引くワンポイントになり、オシャレな部屋に仕上がります。

大物も小物もブランドやショップを固定

家具などこだわりたいのであれば、国内外の人気ブランドでそろえてもいいです。また、IKEA、ニトリ、無印良品といった同一ショップで固めてもOK。デザインや材質が同系統のため、カラー同様、部屋の統一感を生み出します。ただ、少々面白みに欠けるかもしれないので、家具は同一ブランドやショップでそろえ、インテリア小物類はバラバラの店で購入するなど変えてもいいですね。ちなみに目線より低い家具は部屋を広く見せます。しかし、背の高い家具を置きたい場合はできるだけ窓際や部屋の端に置き、圧迫感を少なくしましょう。

センスのいいアイテムでオシャレ感をアップ

新築を建てる方やリフォームする方は設置することが多い間接照明。一人暮らしにもぜひ取り入れたいアイテムです。壁に飾った写真や絵を照らしたり、部屋の隅にスタンドライトを置いたり、背の高いスタンドで天井に光を当てたりなど、種類と方法はたくさんあります。ちょっぴりムードが出て、雰囲気のある部屋になりますよ。クリスマスツリーに飾る電飾のようなライトもあります。写真や絵の周囲に取り付けたり、それらを飾らずにライトだけを飾ったりと部屋をデコレーションできるのもうれしいポイントです。ただし、間接照明は部屋が少し暗めになるので、勉強や読書するときは手元にスタンドを置くか、全体を明るくしてください。また、観葉植物も欲しいアイテムです。窓辺に小さめの植物、リビングや寝室の角に大きな観葉植物、を置くだけで、オシャレ感はグンと上昇。キッチンやトイレ、玄関にもプチサイズの植物を置くと生活感が緩和されます。ここ数年は、エアープランツや多肉植物といった観葉植物も流行っているので部屋のいろんなところに置いてもいいですね。空気もクリーンになりますし、美しさもプラスされるといった一石二鳥のアイテムです。

テイストで個性を発揮!

北欧風やエスニック調、ヨーロピアンスタイル、または和風といった部屋のテイストをメインに考えて家具やインテリアを選ぶと、部屋がその雰囲気に包まれ、比較的簡単にオシャレな空間が誕生します。これらのテイストは全く違うので、どんな家具やインテリアがあるかを雑誌や本、インターネットサイト、お店などを見て研究してみるといいですよ。また、メンズライクな部屋もかっこいいです。これには木目調の家具と革製品が必須です。インテリア小物も、男性が選びそうなシンプルでちょっぴり大きめサイズなどがいいでしょう。友人や彼が訪れたときに、本人と部屋にギャップがあるのも“オシャレ”のひとつではないでしょうか。

センスのいいカフェなど空間作りのいいお手本が街の中にはあるので、店に足を運んで何かヒントをもらってみてください。いろいろな情報を得てから、こだわりの家具やインテリアを見つけてもいいかもしれませんよ。