こんな会社はダメ!良い不動産会社の見分け方

pixta_30623660_s

引越しシーズンまっさかりの今、春からの新生活の基盤となるお部屋探しに奔走されている方も多いのではないでしょうか?

お部屋を探そうと思ったら必ず一度は訪れなければいけないのが不動産会社ですよね。一口に不動産業者、といってもこの業界は業者の零細性著しく、その得意分野や接客態度など業者によって千差万別です。お部屋探しの機会がなければ、そうそう訪れることの無い場所なので、業者の質を見極めるのはなかなか難しいものですが、今回はそんな不動産会社のちょっとした見分け方などをお伝えしたいと思います。

店内の状況やスタッフを観察

不動産会社を訪れたら、最初に注目したいのは店頭の状況。看板や窓ガラスが薄汚れているような、だらしない雰囲気の店は避けたほうが賢明です。不動産仲介はサービス業であり、接客業。お客様に不快感を与えないようにするのは最低限のマナーですが、それができていない不動産会社で親身なサービスが受けられるはずはありません。

店内の整理整頓が行き届いているかどうかも重要。申込書などが乱雑に積まれているような会社では個人情報がきちんと管理されていないことも多いです。また、書類を紛失したり、言った、言わないのトラブルを起こすおそれが高い会社といえます。

次に店頭に貼られている物件広告のチラシをチェック。どんな言葉で書かれているかを見てみましょう。もし、眺望絶佳、日当たり最高、最安、掘り出し物、特選などといった不動産公正取引協議会が禁止しているような言葉(末尾で解説)が並べられていたら、その会社は要注意。法令違反を気にしない、いい加減な会社である可能性があります。また、重要なのが図面に書かれている情報公開日。かなり昔の古い図面が貼られているような会社に最新の情報があるはずもありませんし、長期空室の人気の無い物件である可能性も高くなります。

あわせてスタッフの身なりや言葉づかいをチェックしましょう。言葉づかいは自分に対するものだけではなく、社内での電話のやりとりにも注意を払ってみましょう。不動産業界は性質上、業者間の情報のやりとりが非常に多くなります。客に対しては丁寧でも、業者間のやりとりになるとぞんざいになる会社は、それが本性。決めてしまったら、それでおしまいと考えていることが多く、直接契約に結び付かないような質問その他には対応してくれなくなる可能性があります。

数字以外の条件を聞き、急かさない、説得しない会社を選ぼう

不動産会社を訪問すると、希望条件などの記入を求められることが多いですが、そこに書いたことだけから物件を探そうとする会社では満足いく物件には巡り合える可能性は低いもの。家賃や駅からの距離、広さといった数字が同じでも、物件によって周辺環境も違えば、設備その他も違い、まったく別物。どれがその人にベストかは、その人の生活、好み、叶えたい条件その他を細かく聞かないと分からないものです。きちんとコミュニケーションをとりながらしっかりと希望を聞いてくれる担当者かどうか、やりとりをしながらチェックしましょう。

特に動きの早い賃貸物件を扱う不動産会社は、すぐに引っ越す予定の無い客(すぐに売り上げに結びつかない客)を嫌う傾向があります。「急いでない」と言った瞬間に態度が急変するような不動産会社は避けた方が無難。信頼できる会社は親身になって納得がいく物件が見つかるまで探してくれます。

また、内見後、決めかねている時に決めさせようにと説得を始める不動産会社も避けたほうが無難。退去、入居の時期が決まっていて、どうしても決めなくてはいけないような状況であれば別ですが、それ以外の場合なら、悩んだらとりあえず立ち止まって考えましょう。売買はもちろん、賃貸でも家賃を毎月支払っていくわけですから不動産は決して安くない買い物です。

条件に合った物件かどうかを調べてから紹介してくれればベスト

物件を検索後、希望条件に合っているかどうかを調査した上で紹介してくれる会社であれば効率的です。グーグルマップやストリートビューなどインターネットを駆使すれば、その物件の前にどんな建物が建っているか、日当たりはどうか、1階に夜間うるさそうな店舗が入っていないか、目の前に墓がないかなど、いろいろなことが調べられるので無駄足を踏まずに済みます。

ちなみにポータルサイトの検索で物件室内などの写真が出てきたら、そこに写っていない部分がなぜ写っていないのかを考えてみましょう。例えばリビングの写真を撮る時にはバルコニーに向けて全体を撮るのが一般的ですが、そうしたアングルで撮っていない場合にはバルコニーの前に眺望を遮る建物があったり、日当たりが悪かったりする可能性があります。風呂の写真がないなあと思っていたら、不人気なバランス釜の物件だったというケースも考えられます。

訪問中、内見時の電話にはガセ、やらせの可能性もあり、要注意

不動産会社によっては内見に出かけたところで、会社から携帯に電話をもらうようにし、「他で申し込みが入ったそうですから、決めるなら早くしたほうが良いですよ」と、決断を煽る手口もあるとか。もちろん、すべてがガセややらせとは限りませんが、そうした電話のやりとりの結果、自分の希望と違う物件を勧められたら、何か変だと疑ってみてもよいでしょう。

不動産広告で禁止されている単語を知っておこう

最後に不動産公正取引協議会が定めている、特定用語の使用基準について。

同協議会では抽象的な用語や他の物件、または他の不動産会社と比較するような特定の用語については、表示内容を裏付ける合理的な根拠がある場合を除き、その使用を禁止しています。具体的な用語は以下の通り。

・完全、完ぺき、絶対などの用語
・日本一、抜群、当社だけなどの用語
・特選、厳選などの用語
・最高、最高級など最上級を意味する用語
・格安、堀出、土地値などの用語
・完売など著しく人気が高く、売行きがよいことを意味する用語

 

いかがでしたでしょうか。

住まいは生活の基盤になるもの。その選択を失敗しないためにもお部屋探しは信頼できる業者を選びたいものですよね。

p1210002

ちなみにこちらは多摩センター駅前にある地元密着型の不動産会社、リロの賃貸の和光さん。こちらでは来店されたお客様より「満足度がとても高い不動産会社」として評価されているそうです。オンラインでの内見や契約も行っている最先端のお店なので多摩地区でお部屋をお探しの方はぜひ一度お問い合わせくださいね。

リロの賃貸 株式会社和光に対するお客様の声はこちらからどうぞ♪