知っていますか?フローリングの基礎知識あれこれ

Timberwork, lumber work, woodwork industry, home renovation and house restoration concept: set of color wooden laminated construction planks isolated on white background

お部屋を選ぶにあたってひとつの判断基準となるのが床材ですよね。床材が変わるとお部屋のイメージが全く違うものになってしまいます。床材には畳、フローリング、クッションフロア、ウッドタイル、カーペット、コルク等様々な種類がありますが、今回はその中からフローリングに注目して、その種類性能などをご紹介してみたいと思います。

 

まずは種類の方から。

フローリングは、大きく分けると「無垢(単層)フローリング」「複合フローリング」の2タイプがあり、一般的に家庭に普及しているのは複合フローリングです。無垢材と複合フローリングにはそれぞれメリット・デメリットがあるので、ライフスタイルを考えてどちらを選ぶかしっかり考えましょう。

無垢(単層)フローリング

%e5%8d%98%e5%b1%a4

無垢(単層)フローリングは、JAS規格で「無垢材や集成材を使ったフローリング」と定義されています。
広葉樹や針葉樹を材料にしたもの、細かく破断された木材を貼り合わせた集成材など、そのバリエーションはとても豊かで、使われる木の種類によって特長が大きく異なります。針葉樹素材の無垢フローリングは、古民家の縁側や板の間で見かけることが多いです。

無垢(単層)フローリングのメリット

無垢(単層)フローリングの魅力はなんといっても質感と肌触り、香りの良さです。素材は自然の木なので、調湿作用があり、また独特の芳香が快適な空間をつくってくれます。さらに、傷ができてもその部分を削って補修すれば良いので、長い期間きれいな床を保つことができます。経年劣化しても味わい深くなるのも、無垢材ならでは。柔らかく、足への負担が少ないのも長所と呼べるでしょう。

無垢(単層)フローリングのデメリット

とはいえ無垢(単層)フローリングは吸湿性に優れているがために、収縮や反りによって木と木の間に隙間ができることがあります。補修しやすい一方、水や傷に弱いのでこまめな手入れが必要です。色のバラつきが多いので、空間に統一感を出すのは難しいかもしれません。

無垢(単層)フローリングの費用相場

一般的には、無垢材のほうが複合フローリングよりも高価です。材料費込みのリフォーム費用は、例えばオーク(ナラ)のフローリング材を使用すると、1㎡あたり1万3千~2万7千円位になります。無垢(単層)フローリングは木の種類、木目、節の有無によって価格が大きく変動します。ヒノキや杉などは、節あり→小節→上小節→無節と、節が少ないほど高額になります。狭い部屋や家族しか出入りしない場所なら安価の素材、来客の多い玄関などは高級素材、など使い分けるのがおすすめです。

なお、フローリングの施工方法によっても工事費用が異なります。既存のフローリングに重ね張りできるなら、1㎡あたりのリフォーム費用は1万円以下でおさまることが多いですが、既存のフローリングをはがして張り替える場合、1万円以上かかると考えておきましょう。

複合フローリング

%e8%a4%87%e5%90%88

複合材は、合板や集成材などの上に、表面化粧板を貼ったもので昭和40年頃から出回るようになり、ダニ対策として昭和60年頃から床材の代表格となりました。近年のトレンドでは、表面化粧板には特殊強化フィルムや特殊印刷紙が使用された「木質系フロア」と呼ばれるものが主流です。基材には特殊MDFと合板が多く使用されています。これらはすべて接着剤で貼り合わせて本物の木のように似せて作ってはありますが、本物の木ではありません。基材(台板)には合板が使用されることが多いため、木質系フロアと呼ばれていますが、厳密にはフローリングとは呼びません。木質系フロアとフローリングを混同される方も多く見受けられますので、ご注意ください。

複合フローリングのメリット

複合フローリングは、反りや収縮がなく木材が安定しています。耐衝撃性、耐摩耗性を上げた商品など、年々快適に使える機能が改良されており、表面の単板の種類や塗装により、色はホワイトカラーからダークカラーまで、デザインは大理石調やタイル調など、いろいろなパターンから選べるのも特長です。防音や抗アレルゲンなどの工夫がされた製品も数多くあります。

複合フローリングのデメリット

ただし、複合フローリングの場合は傷がつくと、無垢材のように補修はできません。また、無垢材フローリングのような調湿作用は基本的にありません。単板が厚くなるほど、また防音・断熱、抗菌・抗アレルゲンなどの機能性が高まるほど価格は高くなります。硬質のため、踏み心地が良くないことが気になる方は多いかもしれません。

複合フローリングの費用相場

複合フローリングのリフォーム費用は、オーク(ナラ)で施工したとき、材料費込みで1㎡あたり7千~2万円程度かかります。
複合フローリングは、単板の種類や厚み、仕上げ方法などで価格帯が変わります。
単板が厚く無垢に近い風合いを出したものや、 傷防止のコーティングがされたもの、メンテナンスフリー仕様の商品は、本体価格が高価です。人気が高まりつつある溝の幅が広いタイプも、高額になる傾向があります。

木の種類

木材の種類は「広葉樹」と「針葉樹」の2つに分けられます。広葉樹は針葉樹に比べて硬いのが特徴です。傷がつきにくく、収縮や膨張に関しても安定しています。複合フローリングの天板に使用されるのは一般的に広葉樹の木材です。針葉樹は主に無垢材に使用され、広葉樹に比べて柔らかいです。傷はつきやすいのですが、修復は可能ですし、肌触りがいいのが魅力です。

さて、それでは具体的にどんな種類の木があるのかご紹介しましょう。まずは広葉樹からです。

代表的な広葉樹の木材

ウォールナット(クルミ)

%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%8a%e3%83%83%e3%83%88

ウォールナットはクルミ科の広葉樹です。
落ち着いた深みのある色味が最大の魅力で、世界三大銘木としてマホガニー、チークに並ぶ人気の木材です。家具や内装材として欧米で長く愛されている素材で、深いブラウンのブラックウォールナットはシックなお部屋のフローリングにピッタリです。アカシアも黒褐色のマーブル模様なので、ウォールナットがお好みの方にはおすすめです。色味は一様ではなく、辺材から心材にかけての様々な色がグラデーションを描き、美しい模様の表情を形成します。

ブラックチェリー(サクラ)

%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%aa%e3%83%bc

きめ細かく、なめらかな手触りが素晴らしいブラックチェリー。
フローリングとして使用するのは少し贅沢すぎるような気もしてしまうほどです。はじめは明るい琥珀色ですが、時間が経つにつれて、色に深みがでてきます。素材の変化を味わえるのも天然木ならではですね。

メープル(カエデ)

%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%ab

メープルは広葉樹の中でも硬くて丈夫な素材です。
色味は白っぽく爽やかな色です。主張しすぎない木目と節がシンプルナチュラルなお部屋にマッチします。摩耗に強いので、和室の造作材に使用されることもあります。カナダの国旗にデザインされ、葉のカタチから「蛙手」とも書きます。モミジもカエデ類の仲間です。北米産のサトウカエデといわれる種は、樹液を煮詰めると甘いメープルシロップができることでも知られ、日本ではイタヤカエデという種が最も大きくなり、高さ20m、直径1mになるものもあります。ハードメープルとも称され重硬で肌目は緻密で衝撃にも強く、フローリング、家具、ボウリングのレーンやピン・楽器などに使用されます。

チェストナット(クリ)

%e3%82%af%e3%83%aa

硬く、耐腐食性が高いのが栗の特徴で、耐久性に優れています。日本では古くから家の土台や枕木・杭などに使われてきました。
オーク(ナラ)などに近い色調で、木目が大きくはっきりしているのが特徴です。うねりのあるくっきりとした木目がいかにも無垢材という感じで人気ですが、少々お値段が高いので、狭いスペースで使用するのがいいかもしれません。

チーク

%e3%83%81%e3%83%bc%e3%82%af

東南アジアが原産のチーク材、重厚感のある色合いです。
古くから船の甲板に使用されるなど、硬く、耐久性・耐水性に優れているのが特徴です。害虫にも強いので長く付き合えるフローリングとしておすすめです。

オーク(ナラ)

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%82%af

オーク材は元来、床材・ドア・手すりなどの造作に用いられる高級木材です。一般的にミズナラやコナラなどを指し、日本の産地は北海道が代表格です。心材は褐色、辺材は淡色で、年輪の境に大きな道管が環状に並び、年輪がはっきりします。くすんだ褐色と相まって、男性的な印象を与えます。

アッシュ(タモ)

%e3%82%a2%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5

色味はオークによく似ていますが、木目はオーク材よりもさらにはっきりしています。塗装性に優れており、着色しても木目が浮きたち、和洋どちらにも馴染むフローリングです。強さとしなやかさを兼ね備え、加工性に優れた良材としてフローリングや家具以外には、野球のバットにも使用されていることでも有名です。オーク、マホガニー、ウォールナットと並び世界の代表的な銘木のひとつです。

マホガニー

%e3%83%9e%e3%83%9b%e3%82%ac%e3%83%8b%e3%83%bc

マホガニーは加工性が良く、寸法安定性や耐久性も高いことから、古くから内装部材や高級車のハンドルやダッシュボードなどにも使用されてきました。楽器ではアコースティックギターやエレキギター、そしてドラムなどにも使用されています。初めは全体的に淡い色をしていますが、経年変化によって赤褐色に深みが増していくのが特徴です。色の変化も早く、濃淡の強いキャラクターも時間と共に落ち着いていきます。現在マホガニーは、横行する乱伐や違法伐採を防止するため、ワシントン条約によって天然木の取引が制限されています。

バーチ(カバ)

%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%81

柔らかな木目と優しい肌触りが特徴で淡い色調がナチュラルなお部屋のテイストにマッチします。幹がまっすぐで太く素性の良い材として高い評価を得ています。心材は淡紅褐色で辺材は白く、通常は心材・辺材の両方を含む形で利用されます。比重はサクラと同程度に重硬かつ緻密であり、以前は精密機械の部材としても使われたほどです。塗料の乗りも良く、美しい仕上がりが喜ばれています。

ローズウッド(シタン)

%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%82%a6%e3%83%83%e3%83%89

狂いが少なく、硬いので楽器にもよく使われています。
深みのあるブラウンの縞模様が美しく書斎などに使用したい木材です。施工直後は黒っぽい色ですが、経年劣化とともに明るい色味に変化していきます。

ビーチ(ブナ)

%e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%81

オーク (ナラ)が男性的と称されるのに対して、ビーチ (ブナ)材は女性的雰囲気を持つと言われます。やや赤味を帯びた淡褐色の心材、白色がかった辺材、そして板目に現れる樫目と呼ばれる細かい斑点状の紋様は柔らかな風情をかもし出すものです。ビーチ (ブナ)材はときに「偽心材」と呼ばれる灰色を帯びた不規則な模様が現れ、これが独特の演出を引き出しています。

カリン

%e3%82%ab%e3%83%aa%e3%83%b3

辺材と心材の色違いがあり、心材は赤褐色、黄褐色、橙褐色。年輪ははっきりしています。程良く重硬で、加工性も良く、仕上がりが美しいという評価が確立しています。欠点の少ない樹種で、家具や楽器、唐木細工、内装などに広く利用されています。

ウェンジ

%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%82%b8

アフリカ産のウェンジ(ウェンゲ)材は、カリンよりも比重が重く、曲げ強度はウッドデッキ材の代表格のイペと同等です。フローリング以外には、黒褐色の落ち着いた色調の高級家具やカウンター材などにも使われています。紫檀、黒檀と並んで三大唐木と称されているタガヤサン(東南アジア産)と同じマメ科に属し、表情や材質が似ている樹種です。

アマゾンジャラ

%e3%82%a2%e3%83%9e%e3%82%be%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%a9

アマゾンジャラは、南米を原産として、ウッドデッキ材、外壁、高級家具材として世界各国で使用されています。水に沈むほど比重が重く耐久性に優れ、オーストラリア産のジャラ材のような赤い 色合いが特長のハードウッドです。

代表的な針葉樹の木材

パイン(マツ)

%e3%83%91%e3%82%a4%e3%83%b3

柔らかく加工しやすいパイン材、針葉樹ならではのやさしい肌触りは、つい裸足で歩きたくなる心地よさです。全体的に白い材質の中に、等間隔で赤みがかった節が並ぶのが特徴的で、可愛らしい雰囲気のお部屋になります。柔らかな木目と加工しやすい材質によって、世界でも各種のパイン材が建材や家具などに利用されています。主なフローリングには、ヨーロッパ産のレッドパイン、フランス原産のボルドーパイン、シベリア地域のラーチ(唐松、カラマツ)などがあります。
日本では、赤松、黒松などの国産材がフローリングや梁などに使用しされてきました。『松竹梅』と言うように大変めでたい木とされ、古くから庭木、水墨画、襖絵に描かれるなど、日本人には馴染み深い木材です。

ヒノキ

%e3%83%92%e3%83%8e%e3%82%ad

ヒノキは油分を含んでいるため、耐水性に優れています。そのため、昔から浴室にもよく使用されてきました。福島県以南に広く分布し、有名産地は木曽、尾鷲、吉野、天龍などです。心材色は淡い紅色で、辺材は白っぽく、全体に美しい光沢があるほか、特有の芳香、殺菌作用、湿気に強いといった特徴があります。

スギ

%e3%82%b9%e3%82%ae

日本の代表的な樹種の一つ。秋田、吉野、尾鷲などが有名産地です。心材と辺材の色違いが大きく、年輪もはっきりしています。ただし、広い生産地と豊富な資源量により、その生育状態で個体差があります。材質は軽く柔らかく、高断熱性や歩行時のショック軽減につながりやすい樹種です。

 

いかがですか?ひとくちにフローリングと言っても、木材によって色々な表情がありお部屋の雰囲気を左右する仕上がりになることがおわかりいただけたかと思います。木材を選ぶ際の参考にしてみてください。

 

続いて性能の方を見ていきたいと思います。

マンションでの快適な暮らしと「騒音問題」には深い関係がありますよね。
日常生活をおくる中で、他人の出す音が気なってしょうがなかったり、反対に自分の家からでる音にクレームがきても、そこでの生活は心安らかなものにはならないでしょう。最悪の場合、ご近所とのトラブルに発展する可能性もあります。住戸内で発生した音は主に床、窓、壁から伝わりますが、フローリングが関係してくるのは床からの騒音です。

現在はフローリングの人気が高く、分譲マンションはもちろん、賃貸マンションでもグレードの高い物件はほとんどの部屋の床仕上げがフローリングになっています。フローリングの遮音性能にこだわる人は音の問題発生の可能性を考え、遮音フローリングを使っているか、その中でも遮音等級の高い製品かなど細かくチェックしましょう。

 

床から伝わる音の種類は下の2種類があります。

①軽量床衝撃音(LL:レベルライト)
例)スプーンやコップを落とす、スリッパでパタパタ歩く音。

②重量床衝撃音(LH:レベルヘビー)
例)子どもが走り回る、椅子から飛び降りる音
床の遮音性・防音性を保つには、この二つの衝撃音に対し、おのおの効果的な対策を取ることが大切です。軽量床衝撃音は、主に床の仕上材の種類によって音の大小に影響が出ます。それに対し重量床衝撃音は、床板(マンションの場合は主にコンクリート:「床スラブ」といいます)の厚さや梁の位置が音の大小に影響を与えます。

遮音フローリングのL値はワンランク上を選ぼう

遮音性能を示す単位としてL値が使われます。このL値は振動音または実際に聞こえる音のレベルを示します。フローリングはL値の数字は小さければ小さいほど音を吸収する構造になっており、遮音性能が優れていることを示します。例えばL値表記のL-45とL-40では、Lの後に続く数字が小さいL-40のほうが遮音性能が高いことになります。

%e8%a1%a8

L値は、コンクリートスラブ(下地のコンクリート)の厚みが150mmであることを前提として推定されています。したがって150mmのときLLが50でも、スラブ厚が120mmになればLLが55になるといったことがあります。ですから、実際にはフローリングに記載されている遮音性能よりワンランク程度下がると考え、より遮音性の高い製品を選んでおくほうが安全です。例えば、小さいお子さんがいるなど階下への音が気になる場合は、LL-40、LL-45を目標に選ぶと良いでしょう。

防音フローリングの防音性能の表示方法が変わります。

防音フローリングをはじめ、マンションの床の防音性能表示にはこれまで、「LL-45」などの表示方法(推定L等級)が使われてきましたが、2008年4月に「床材の床衝撃音低減性能の表現方法に関する検討委員会」から、新しい表示方法である「ΔL等級」(デルタエル等級)が発表され、床材関係の工業会でも、これに従い順次新しい表示方法に変更していくことになりました。

ΔL(デルタエル)等級とは?

従来の表示方法が空間性能を推定したものであったのに対して、ΔL等級は床材が床衝撃音をどれだけ抑えられるかという製品単体の低減性能を表すものであり、その性能は実験室で測定されます。ΔL等級の場合、値が大きいほど性能がよいことになります。(例:4等級のほうが2等級より性能がよくなります。)

従来の方法が空間性能を推定したものであったのに対して、新しい表示方法は、床材単体が床衝撃音をどれだけ抑えられるかという低減性能を表すものです。Δ(デルタ)は、「変化量」や「差分」を意味する数学記号です。新しい 表記では床材の低減性能を示すため、この記号が採用されました。

L等級とΔL等級についての違いをおさらいしておくと、現在の表示(L等級)は限定条件下での「空間性能」を推定表示したものであり、新しい表示(ΔL等級)は床材製品単体の床衝撃音低減性能(製品性能)を算出表示したものであるということを覚えておきましょう。

 

いかがでしたでしょうか。たかがフローリング、されどフローリング。

文字通り生活の足元に密着したものだからこそ住んだ後に「こんなはずじゃなかった…」とならないように慎重に選びたいものですね。