縁起を担ぐ人は必見!住宅購入における「六曜」の日柄とは?

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

「六曜」(ろくよう、りくよう)という言葉をご存知でしょうか。

曜と言うと、月曜、火曜、水曜・・などの曜日を思い出す方も多いかも知れませんが、曜日は7種類ありますから六曜とは違いますよね。

六曜と聞いても、とくに若い人はすぐにピンとこないかもしれませんが、カレンダーなどを見ると「大安」「仏滅」「友引」などと書いてある、あれが六曜です。昔に比べて少なくなったとは言え、不動産の購入などでは六曜による日柄を気にする方がまだ多く、縁起を担いで契約や引越しの日を「大安の日にしたい」という要望が出されることも少なくありません。では、六曜とはそもそも何を指しているのでしょうか。また、六曜には一体どのような意味があるのでしょうか。今回は、そんな身近にあるけどよく知らない六曜について説明してみたいと思います。

六曜のルーツ

六曜の起源は中国とされています。三国志の諸葛孔明が作ったという説もありますが、はっきりしません。14世紀ごろ(鎌倉時代末期)に日本へ伝来したものとされていますが、時代とともにそれぞれの名称や当てられる漢字が変化しているため、吉凶の判断にもさまざまな解釈が存在しています。そのため人によって、あるいは行事や行為の内容によって、同じ六曜でも吉と凶を逆に捉える場合があるようです。六曜には、大安・仏滅・先勝・友引・先負・赤口の6つがあり、それぞれ意味が異なります。また六曜は、「歴注」と呼ばれるもので、歴注とは主に陰陽五行説や干支に基づいて、その日の時刻や方位の吉凶や運勢などが書かれた物全般を指します。

明治時代には政府が六曜は迷信だとして、これを一切禁止した過去があります。しかしその後、六曜は必要という世論を受け、結局は完全に廃止されることはなく、現在に至っています。とは言え、最近の特に若い世代においては、六曜はそれほど重要視されていないため、六曜自体を知る人は世代が若くなるにつれて少なくなっているのが現状です。

では、それぞれの六曜がもつ意味をみていきましょう。

 大安

大安は、「たいあん」と読み、大いに安し、という意味があります。一日を通して何をしてもうまくいく、成功するとされる日で、六曜の中で最も吉の日となっています。特に結婚や結納などを行うには最適とされているので、現代も大安にこだわって挙式の日を選ばれる方は多いようです。新しい物事を始めるにもよい日と言われているので、契約ごとや引越し、地鎮祭、お参りなどを行う際に大安を選ぶという人も多いです。ちなみに内閣の組閣も大安の日を選んで行われていると言われています。

仏滅

仏滅は「ぶつめつ」と読み、仏も滅するような大凶日という意味があります。一日を通して何をしても最悪とされるため、特に結婚式や結納などは避ける方が多いと言われていますが、この流れを逆手にとって仏滅の日に結婚式費用を大幅にプライスダウンしている結婚式場も多数あり、六曜を気にしない最近の若者を中心に選ばれているようです。しかし、仏滅は物滅として、それまでの物(事)が滅び、新しく始まる、という解釈をし、大安よりも結婚や引越しを行うには最適の日だと考える場合もあるようで解釈の違いによって全く逆の意味になるため、捉え方は人それぞれといったところです。

先勝

先勝は「せんしょう」「せんかち」「さきかち」などと読み、先んずれば即ち勝つ、という意味があります。これは、急げば急ぐほど良いという意味ですが、先勝であれば時間を問わず吉というわけではなく、午前中は吉とされているものの、午後2時から6時までは凶ということなので要注意です。中でも、縁起がよい日ということで大安や先勝に購入した車の納車を行う人が多いようですが、大安は人気が高く、なかなか納車日を予約することができないことや、大安の次に縁起がよいと言われている友引も車に関して語呂合わせがよくないことから、先勝に納車を行う人も多いようです。

友引

友引は「ともびき」と読み、凶事に友を引く、という意味があります。しかし元々は、勝負事をしても引き分けになる日という意味から「共引」とされていたため、現代の意味とは違う使われ方をしていました。友引は、大安に続いて吉日と言われていますが、朝は吉、昼は凶、夕方は大吉となっているので、結婚式などは昼に行わないところもあるようです。さらに車の納車に関しては、「友を轢く(引く)」という語呂合わせから、吉日にも関わらず避ける人も多いようです。また、友引に葬式を行うと「友を冥土に引き寄せる」とされ、昔から火葬場は友引には休業するのが決まりでしたが、最近は六曜を気にしない方が増えているため、仏滅に結婚式を行うのと同様に、友引でも火葬をする人も増えています。

先負

先負は「せんぶ」「せんぷ」「さきまけ」などと読み、先んずれば即ち負ける、という意味があります。先勝とは真逆の意味になり、この日は急いで何かを決めたり、外出することを避け、平静に過ごすのがよいとされています。また、先勝とは逆で午前中は凶ですが午後からは吉となっているので、何か用事を行う時は午後からの方がよいと言われています。

赤口

赤口は「しゃっこう」「しゃっく」「せきぐち」などと読まれ、陰陽道の赤舌日が由来となっています。赤舌日とは、羅殺神が支配する日で、不吉な日となっています。赤口は、厄日とされ、何をするにも止めた方がよいと言われていますが、午前11時から午後1時まではかろうじて吉とされています。何かするのであればその時間帯を選ぶのがよいかも知れません。それ以外の時間帯は凶となっており、特に赤という字から連想させることから、火や刃物に要注意する日と言われています。
六曜は先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の順に繰り返されますが、旧暦の1月1日および7月1日が先勝、2月1日と8月1日が友引、3月1日と9月1日が先負、4月1日と10月1日が仏滅、5月1日と11月1日が大安、6月1日と12月1日が赤口のように決められています。
今のカレンダーを見ているとたまに奇妙な並び方が登場(例えば七月二十七日は先勝ですが、その四日後の三十一日に、もう次の先勝がきてしまう)するのは、現在の暦をみているからです。旧暦では毎月、決まった六曜から始まります。年によっては、二日続けて大安や仏滅などという珍現象も見られますが、その理由はここにあります。

 

一般的な解釈に従えば、不動産の取引は大安だけでなく、先勝の午前、先負の午後などでも問題はありません。しかし、不動産購入時における残金決済のときは銀行とのやり取りだけでなく法務局への登記申請などにかかる時間も考えなければならないため、午前中に行なうことが多くなります。また、前述の通り赤口は「火」や「血」を連想することから、建築にまつわる契約を避ける場合もあるでしょう。

お客様から要望が出される前に、不動産業者のほうから「契約(決済)は○月○日の大安の日にしましょう」と提案をすることも少なくありません。これは不動産業者が六曜による日柄を気にしているというよりも、大安のほうが関係者の都合を合わせやすいからです。住宅の購入では、契約のときも決済のときも、売主と買主の双方が同席することが原則です。そのためにはどちらかが他の予定をキャンセルしたり仕事を休んだりしなければならないケースもあるのですが、「大安だから」というのはお互いに納得してもらいやすい理由となります。

 

いかがでしたでしょうか。

大安や仏滅など、言葉としてはよく耳に触れていたものの、実際の意味まではよく知らなかったという方も多いと思います。もし、不動産を買う時や借りる時に最後の決断を迷うことがあれば、六曜にそっと背中を押してもらうのもよいかもしれませんね。