知っておくと便利 「めやす賃料」 物件を比較するときに活用度大!

4月から新しい家を借りようとしている方は、お部屋探しをそろそろ始めようと思っている時期ではないでしょうか。またはすでに探しているという方もいるかもしれません。どんな家に住みたいかを想像しながら物件情報を見ていると、この家はいいけど駅から遠い、あの部屋は明るくていいけど家賃が高いなどと、迷うことが出てきますよね。そんな迷って困っているときに家賃にフォーカスして、比較検討できる情報があります。それは「めやす賃料」。お部屋探しをするときに活用できる情報として、この「めやす賃料」について、ちょっとみていきましょう。知っておくと役立つかもかもしれません。

guideline_rent

そもそも「めやす賃料」って何?

ざっくりというとしたら、一つの物件を4年間賃貸した場合の1ヶ月あたりの金額(※)のことです。財団法人 日本賃貸住宅管理協会が推進する「わかりやすい、くらべやすい」を合言葉に、全国一律に同じ基準で計算された賃料等の金額を表示したもの。これが表示されていると、この部屋を借りたいなと思ったときに、4年間住んだ場合の平均月額が分かります。算出の仕方は、毎月の家賃や共益費や管理費、敷引金(※)、礼金、更新料を合計して48ヶ月(定期借家の場合は契約期間)で割る。
※賃料などの条件の改定がないものと仮定した場合
※敷引金は、敷金の償却・保証金の償却など、預かった金額から必ず差し引くものをいいます。

では、実際に計算してみましょう。例えば、家賃6万円で共益費2千円、敷引金0円、礼金1ヶ月、更新料1ヶ月の物件なら、
(家賃60,000円+共益費2,000円)×48ヶ月+敷引金 0+礼金 60,000+更新料 60,000=3,096,000円
と算出されるので、これを4年間(48ヶ月)で割ると、めやす賃料は64,500円になります。

めやす賃料を知るメリットとは、どんなこと?

フリーレント期間のある物件、つまり数ヶ月の家賃が発生しない物件なども最近多くなってきました。家賃なしで借りられる数ヶ月間は、家賃が発生しないということからフリーレント物件はとってもお得な物件ですね。しかし、その期間がある物件よりも少し高くても魅力的な物件があるとしたら、ちょっと悩みませんか。また、更新料が0円だけど、礼金が2ヶ月分なんていう物件などの場合は、これがお得なのかどうか、瞬時には分かりにくいものです。そんなときにこの「めやす賃料」があれば、平均月額が出ているため、比較検討がしやすくなります。
また、いくつかの地域での物件を検討している方は、その地域での家賃や共益費などの相場が分かったりすることもあり、地域選びにも役立つことがあります。
もし、めやす賃料の表示がない物件だとしても、計算方法を知っていればすぐに算出できるので、計算してみると比べやすいかもしれません。その場合に更新料なども事前に知ることができるので、契約期間住んだあと更新せずに違う家を探した方がいいか、4年間この家に住んだ方がいいかなど将来設計や予算が立てやすくなるメリットもあります。

めやす賃料に含まれない金額もあるの?

仲介手数料や更新事務手数料、鍵の交換費用、町会費、原状回復特約費用、定額の設備使用料、家財保険等の保険料、賃貸保証会社への保証委託料など、めやす賃料に含まれない金額もあります。もちろん、物件によって異なるので、家を検討するときはトータルでいくらかかるのかを確認した方がいいでしょう。
また、駐車場や駐輪場を借りた場合も毎月料金が発生しますが、これもめやす賃料には含まれないので、借りる方は気をつけましょう。

めやす賃料が表示されていると物件などの比較が容易になるので、物件を探したら、まずはこれで比べてみてもいいかもしれません。ただし、めやす賃料が表示されていても総額と異なることもあるため、必ず賃料や総支払額は不動産会社に確認してください。めやす賃料を上手に活用して、トータルで損をしないような賢いお部屋選びをしたいですね。