大学入学前の部屋探しはいつしたらいいの?部屋探しのコツも伝授

合格通知を受け取り、喜んでいられるのもつかの間で、早くも進学に伴うお部屋探し合戦がスタートします。良いお部屋からどんどん埋まってしまうので、早めの行動を意識しましょう。お部屋探しをはじめるのにぴったりの時期や良い部屋を見つけるためのコツを紹介します。

heyasagashi_itsu

1.部屋探しを始める時期はいつから?

部屋探しを始める時期に明確な決まりはありませんが、早く始めるほど有利なので、推薦入試などで進学が決まった場合はすぐ行動すると、理想の住まいが見つかりやすくおすすめです。

年内に目ぼしい部屋を決めて申し込みをすませておくと、安心して残りの高校生活を楽しめます。学生用物件は前の居住者の退去日がはっきりしていることが多く、早い時期からでも空室予定情報が出てきます。

家賃スライドシステムと言って、申し込みした後の家賃発生を先延ばしにできる制度もあり、費用負担を抑えつつ部屋探しすることができます。国立試験の結果を待って部屋探しをする場合は、需要のピークに入り、住まいを探す人が一気に増える時期なので、いち早く行動して部屋探しを急ぎましょう。

大学入学に伴うお部屋探しは、2月下旬~3月頃にピークがきます。不動産業者としても強気に出やすい時期なので、複数店舗をまわって丁寧な対応をしてくれるところに相談しましょう。

2.いい部屋を見つけるためのコツ・ポイントは?

大学生活を充実させる部屋探しのポイントは、大きく分けて3つあります。それぞれの要点をふまえて、コツをつかんで行動を意識しましょう。

①予算にあわせた物件を選ぶ

どんなに立地条件が良い部屋でも、経済的に負担になると大変です。仕送り額についてよく両親と話をした後にアルバイト収入をあわせれば、やっていける範囲で選ぶと安心です。繁忙期になると賃料があがる傾向もあるため、可能な限り早めの行動をおすすめします。賃貸物件を掲載しているサイトでは、賃料でフィルタリングできるケースがほとんどです。決めた予算の中ではどの程度のグレードを期待できるか、おおまかな予算感をつかみましょう。

②大学・バイト先との距離感を意識

大学生活の基盤になるのは、キャンパスライフとアルバイトです。アルバイト先に極端に近い部屋にすると、仕事優先になってしまうケースがあります。大学・アルバイト先・自宅がほどよい距離感にあり、バランスをとりながら生活できる居住エリアを選びましょう。

極端に大学に近い住まいも考えもので、友人のたまり場になってしまうことがあります。どんなに仲がいい友人たちでも泊まりに来る頻度が高過ぎるとストレスとなるケースがあり、適度な距離感を維持しながら生活できる住まいが適しています。

③生活の利便性を妥協しない

予算優先で考えると、スーパーやコンビニなどお買い物施設が遠かったり、公共交通機関の便が悪かったりと何らかの懸念点が出てきます。自分のライフスタイルを考えたとき重要度が低い条件については妥協するに値しますが、過剰に利便性をセーブするのはリスクが大きいです。

在学中に引っ越しすることもできますが、再び敷金・礼金がかかります。費用面を考慮すれば入学時に契約した部屋に4年間住み続けるのが望ましく、ある程度長いスパンで住まい選びをしないと大変です。

地方都市の場合、学校へのアクセスだけを考えて部屋選びをした結果、近くにコンビニなどがなく都市圏へ移るケースも散見されます。譲れない条件だけははっきりさせて、後悔しない部屋選びを進めましょう。

3.部屋探しは自分ですべき?親がすべき?

親子で一緒に取り組むと、効率的に部屋探しが出来ておすすめです。親としては「仕送り金額の範囲でまかなえるか」という継続的にかかる費用の観点を重視するので、やや余裕を持って生活できるように、家賃を抑えられれば負担が軽くなり、安心できます。一方の子供は、学校へのアクセスや街の雰囲気などに着目します。

4年間住み続ける自分の城となる場所なので、自分自身の目で確かめて、後悔のない選択をしてください。部屋探しをしていて親子の意見が食い違った場合、どこかで折り合いをつける必要があります。親の決めた明確な予算があれば、その範囲で子供の希望を優先するなどの工夫ができます。どうしても予算内におさまらない物件なら、学業に差し支えない範囲でアルバイトする約束で決めることもできるでしょう。

親だけ、子供だけで部屋探しをしてしまうと、どこかで支障が出るケースがあります。大学生とは言っても親の手を完全に離れた状態ではないことを意識させ、お互いに納得できる部屋探しをしてください。

国立大学の二次募集結果を待っていると部屋探しが間に合わない場合は、併願校周辺の住まいも探し、どんな結果になっても困らないよう準備します。二倍の手間はかかりますが、住まいが決まらない状況だけは避けたいもので、不動産業者に相談しながら検討します。

学生物件を扱っている不動産業者の中には、受験スケジュールにあわせた柔軟な対応をしてくれるところもあります。せっかく大学が決まったのに住まいで悩むことがないよう、計画的に行動します。