学生がお部屋探しをするときの6つのポイント!

受験に合格したら春から一人暮らしするという人も多いですよね。新しい生活や一人暮らしに対する希望や憧れがいっぱいだと思いますが、快適な一人暮らしをしながら、きちんと勉強するには住みやすいお部屋が不可欠!ということで、今回は学生がお部屋を探すときのポイントを紹介します。

heya-sagashi-point

いつから探せばいいの?

一般的に、引っ越しが多いのが新生活が始まる3月〜4月前半、また転勤シーズンの9月〜10月頃です。物件数はそれに合わせて、少し前から増えてきます。年末までに進学先や転勤先が決まった人で早い人は、年明けからお部屋探しを始め、希望に合う物件の予約をするようです。4月から新生活が始まる場合、2月頃から本格的にお部屋探しを始める人が多くなります。

物件数も増えるので、自分の希望に合ったいい物件が見つけやすい時期です。ただ、不動産屋さんの繁忙期なので、たっぷり時間を取って対応してもらうのが難しいことも。また、家賃や引っ越し料金の交渉が難しい時期でもあります。3月下旬にはいい物件は決まってしまい、物件数自体も減ってきます。1月早めから始めて不動産屋さんと仲良くなり、希望に合ういい物件があったら紹介してもらうのが良さそうです。

まずはハズせない条件をリストアップしよう!

お部屋を探すときには、「◯◯できたらいいな」、「▲▲だったら最高だな」といった希望よりは、どうしても譲れないという大切な条件からピックアップしましょう。やっぱり嫌だったと後から思ってもお部屋を変えるのは大変ですし、譲れない条件を決めておくと物件情報や内見でチェックするポイントにもなり、お部屋を比べるのにも役立ちます。

一人暮らしに便利なのはどんな間取り?

一人暮らし用に多い間取りは、1K、1DK、ワンルームタイプです。キッチンがどこにあるかで、生活動線の違いがあります。一人の生活に大きな差は出ませんが、キッチンが別のほうが広く感じます。他に間取りで気になるのは、バス、トイレ、洗面台が、一緒か独立しているかですよね。これは、内見のときに使いやすそうかどうかを判断したほうがいいポイントです。一緒のほうが家賃が安いことが多いので、使いやすそうならOKなのか、やっぱり別のほうがいいのか決めておきましょう。

勉強道具や洋服など必要な物が多い学生さんは、基本的には細かい間取りの違いよりも、広さか収納力で選ぶのが良さそうです。洗濯機、冷蔵庫がちゃんと置けるかどうかと、家具を壁につけて置くことがどれくらいできるかをチェックしたほうがいいでしょう。ベッドやデスク、クローゼットを壁に寄せて置きたいのに、ドアの開閉などのために置けない部分が多かったりすると、家具の置き場に困るからです。お気に入りの家具を持っていく場合は、ここもぜひチェックしてくださいね。

家賃はどれくらいが相場なの?

地域によって違いますが、1Kで全国では4万〜6万が平均、安いところは3万円代から高いところで8万円くらいまでの幅があります。関東エリアは5.5万円〜が多いようです。通学にかかる時間や交通費と合わせて、どれくらいの家賃にするか決めるのが良さそうですね。

内見はしたほうがいい?

出来る限りしたほうがいいです。受験で学校の周辺を訪れたときに、近くの不動産屋さんに寄るのもいいかもしれません。

ネットで見つけた物件情報は、そこに記載された連絡先の不動産屋さん以外でも扱っていることがあります。物件情報を持参して「ここが希望なのですが」と相談してみてくださいね。扱っていなくても、似たような物件を紹介してくれるかもしれません。良さそうな物件があったら、どんどん見に行きましょう。

お部屋の中もそうですが、周りの環境(例えばコンビニ、スーパー、病院など)を自分の目でチェックできるからです。気になったことや疑問は、遠慮せずに不動産屋さんに聞いてみましょう。

内見には、カメラ(携帯のカメラでOK)とメジャーを持っていきましょう。写真を撮っておくと、あとで比べるときに役立ちます。また、置く予定の家具、家電のサイズを測ってメモして行くといいですよ。置けるかどうかをその場でチェックできます。

お部屋については、間取りや家具、家電の置き場所、収納、エアコンの有無のチェックのほかに、防音やゴミ出しルールなどを確認。実際に住むときの暮らしやすさに関わってくるところです。

不動産屋さんはどう選べばいい?

学校周辺の不動産屋さんをいくつか回って、親切な担当者さんのいるところにしましょう。不動産屋さんの持っている物件は、ネットに出ている物件よりも早くて多いのが通常です。また、持っている物件数に大きな差はありません。親身になって探してくれるところが一番です。

お部屋探しは計画的に始めよう

いかがでしたか?新生活のことを思うと期待がふくらみますよね。新生活に向けたお部屋探しは1月からがベスト!今から少しずつ一人暮らしに必要なことをチェックして、いいお部屋を見つけてくださいね。