お弁当を持って長池公園へLet’s go♪多摩の自然を満喫しよう!

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81%e7%94%bb%e5%83%8f

暑さもだいぶ和らいで過ごしやすくなってきましたね。日が落ちるとスズムシなどの秋の虫の声が耳に心地よい季節になりました。秋はもうすぐそこですね。

今回はそんな秋の休日に家族で出かけたくなる多摩ニュータウンの長池(ながいけ)公園をご紹介したいと思います。

多摩ニュータウン開発の際には多くの公園が整備されましたが、その中でも多摩ニュータウン最大の自然環境保全エリアとして位置付けられたのが、南大沢駅の南東にある長池公園です。

長池公園は、昔ながらの里山の自然を残した公園で「里山文化の継承と創造」をコンセプトに2000年に開園しました。里山再生とコミュニティ形成、ハンノキ林をはじめとした貴重自然の保護保全を目指し、自然の恵みを積極的に利用した公園です。園内には多摩丘陸の自然と、水車小屋や田んぼ、炭焼き小屋など懐かしい光景を見ることができます。

公園は農業用のため池としての機能を担っていた長池と築池(つくいけ)を中心に構成されており、ふたつの池を取り囲むように小川や湿地、広大な雑木林が広がっています。

そして長池公園のシンボルとなっているのがネオバロック式の装飾が施された橋「長池見附橋」です。歴史を感じさせる赤レンガの橋は周りの自然と美しい景観を織り成し、21世紀の八王子の顔にふさわしいとして八王子八十八景にも選ばれています。

園内には芝生の上で遊べる広場や自然館があり、自然館では昆虫や動植物の資料が展示されていたり、クラフトコーナーやお菓子や木のおもちゃの販売コーナーもあるので、家族みんなで楽しく多摩の自然に触れることができると思います。

数多くのテレビドラマのロケ地として使われていることでも有名ですね。

それでは園内を詳しくご紹介していきたいと思います。

%e5%86%99%e7%9c%9f1

まず園内マップ                                       かなりの面積なので大きく一週しようとすると軽いハイキング気分が味わえます。

%e5%86%99%e7%9c%9f2-1

%e5%86%99%e7%9c%9f2-2

こちらは駐車場。無料ですが土日は混雑するので車でお出かけの方はお早めに。
この日は日曜日だったためほぼ満車状態でした。

%e5%86%99%e7%9c%9f3

駐車場を出て東の方へ進んでいくと自然館があらわれます。自然館前のウッドデッキにはベンチと椅子が2組あり、ちょっとした休憩場所として利用できます。ちなみに開館時間は9:00~17:00とのこと。

自然館の中には展示室、図書コーナー、クラフトコーナー、販売所などがあります。

%e5%86%99%e7%9c%9f4-1

こちらが第一展示室。

%e5%86%99%e7%9c%9f4-4

タヌキや・・・

%e5%86%99%e7%9c%9f4-5

フクロウなど。多摩の動物たちが展示されています。

%e5%86%99%e7%9c%9f4-3

キッズコーナーなどもあります。

%e5%86%99%e7%9c%9f4-6

こちらは図書コーナー

%e5%86%99%e7%9c%9f4-7

こちらは第二展示室。

%e5%86%99%e7%9c%9f4-8

この日は宮崎駿監督の「平成狸合戦ぽんぽこ」の背景画展が開かれていました。多摩といえばこの映画の舞台となった場所ですものね。

%e5%86%99%e7%9c%9f4-10

こちらはクラフトコーナー。有料ですがここにある材料を使って開館時はいつでも創作可能。利用したい人はスタッフさんに一声かけましょう。

4-11

お菓子やおもちゃの販売所です。

4-12

美味しそう!

4-13

こちらはおもちゃ。

4-14

自然の温かみが感じられますね。

自然館を出て先へ進むと芝生広場が見えてきます。

%e5%86%99%e7%9c%9f5

皆さんお弁当を食べたりバドミントンをしたりと楽しんでいました。

芝生広場の先には・・・

お待ちかねの「長池見附橋」が登場!

%e5%86%99%e7%9c%9f6

なんとも美しいたたずまいの橋ですね。

%e5%86%99%e7%9c%9f7

さて、この橋を歩いてみると橋の中央の高欄に「四谷見附橋 大正二年九月成」という銘が打たれています。鋭い人なら「あれ?四谷見附橋?ここは長池見附橋じゃないの??四谷と言えば新宿区の地名のはず??」と思いますよね。なぜ八王子の橋に四谷の名が刻まれているのでしょうか?

%e5%86%99%e7%9c%9f8

↑↑その答えは新宿の四谷駅にあります。

四谷駅を利用したことがある人なら、駅のホームを跨ぐ橋を見たことがあると思いますが、この橋は実は二代目。四谷駅舎の改築に伴って1987年(昭和62年)から橋の架け替え工事が行われ、1991年(平成3年)に完成しました。当初、初代四谷見附橋は解体される予定だったのですが、土木学会が「1913年(大正2年)に竣工した初代四谷見附橋は大正時代に架設された鉄製装飾橋の中では現存する唯一の橋であり、歴史的に貴重なものだ」と主張したことで保存が決定されました。

そうして移設先を探してしたところ、ちょうど開発が行われていた多摩ニュータウンの長池公園がサイズやタイミングなどで合致し、移設先として選ばれました。多摩ニュータウンの開発が国策で行われていた事業だったことも移設を可能にした要因だったと言われています。

こうして初代四谷見附橋は1993年(平成5年)に「長池見附橋」として再生され、橋の下に造られた池は橋の姿を水面に映し出すことから「姿池」と名付けられました。

四谷の地で70年にわたりその歴史を見守ってきた橋がいまでは八王子のシンボルとなってのんびりと余生を送っていると思うとなんとも感慨深いですね。

%e5%86%99%e7%9c%9f9

↓↓さて、長池見附橋の反対側にあるのが長池公園最大の池の「築池」です。

%e5%86%99%e7%9c%9f10

野鳥にエサをあげたり釣りをしたりすることは禁止されているのでご注意くださいね。

%e5%86%99%e7%9c%9f11

築池の南側には、雑木林に囲まれた散策路が続いています。

途中にこじんまりとした田んぼが出現

%e5%86%99%e7%9c%9f12

「あ、人がいる」と思ったら案山子でした。都内で案山子を目にすることはあまりないですよね。

さらに散策路を進んでいくと水車小屋があり、そのまわりには綺麗なお花が咲いていました。

%e5%86%99%e7%9c%9f13

こちらが水車小屋。

%e5%86%99%e7%9c%9f14

黄色いかわいい花です。

%e5%86%99%e7%9c%9f15

こちらは紫の花。何ていう名前の花なんでしょうね??

さて、ここから長池公園の名前の由来となっている池である「長池」を目指しますが、なかなかの難路…

%e5%86%99%e7%9c%9f16

登りあり・・・

%e5%86%99%e7%9c%9f17

また登りあり…

%e5%86%99%e7%9c%9f18

下りあり…(;´Д`) はぁはぁ

普段運動不足の足腰にはきついですね。。

そしていよいよ西のはずれにある長池に到着!

%e5%86%99%e7%9c%9f19

うーん。。なんだか暗い感じの池だなぁ…と思っていたら池のすぐ脇に石碑がありました。

%e5%86%99%e7%9c%9f20

なんでもこの池には鎌倉時代の末期、この周辺を治めていた小山田太郎高家が主君の新田義貞を足利尊氏との戦いで救おうとして討ち死してしまい、夫の後を追って、浄瑠璃姫が薬師寺如来像を背負って長池に身を投げたという「長池伝説」が残っているそうで、浄瑠璃姫の碑が建てられているとのこと。うーん。そうでしたか・・・ (/д・。) ぐすん

%e5%86%99%e7%9c%9f22

長池を後にしてすぐの散策路脇の階段を上ると、車を停めた駐車場に戻ることができます。

おつかれさまでした!!

 

さて、長池公園でたくさん遊んだあとは公園の芝生広場出口から徒歩約10分のところにある「ぐりーんうぉーく多摩」でショッピングを楽しみましょう!

%e5%86%99%e7%9c%9f23

ぐりーんうぉーく多摩は2007年4月18日にオープンした大型の複合商業施設です。

ショッピングセンターの中にあるこのような大型チェーン店は一つの建物の中のフロアーで営業しているイメージがありますが、ヤマダ電機やニトリなどは、単独の郊外店と同等規模の建物が施設の敷地の中に建っており、そのほかの店舗も一つの建物に同居しているとは言え、かなりのフロア面積です。ここに来れば必要なものがほとんど揃ってしまう程の規模なのでぜひ立ち寄ってみてください。

お食事処やスイーツも充実していますよ!

%e5%86%99%e7%9c%9f24

 

%e5%86%99%e7%9c%9f25

 

%e7%84%a1%e9%a1%8c

 

<長池公園>

八王子市別所2-58

TEL042-678-4616

長池公園自然館営業時間9:00~17:00

※公園の開園時間は特になし

入園料無料

交通アクセス

京王線京王堀之内駅よりバス 南大沢駅行 または 見附橋循環(見附橋下車)

京王線南大沢駅よりバス 京王堀之内駅行(長池小学校入口下車)

駐車場あり無料(夜間は施錠)