京王線に座席指定列車「京王ライナー」登場!2018年2月京王線ダイヤ改正

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

多摩ひろばでは「多摩線に新宿行き通勤急行・急行が新設!2018年3月小田急線ダイヤ改正」の回で小田急線のダイヤ改正についてご紹介しましたが、ライバルの京王電鉄においても2018年2月22日(木)から新ダイヤにて列車が運行される予定です。

改正の目玉となるのが座席指定料金400円(小児同額)を支払えば、新宿駅から京王多摩センター駅まで最速24分(京王永山駅まで最速22分)、京王八王子駅まで最速35分で到着する座れる通勤列車、「京王ライナー」の誕生。今回はそんな期待の新星、京王ライナーについてご紹介したいと思います。

京王ライナーは新型車両の5000系で運行され、運航時間帯は夜間帯の下りのみ。京王線八王子までと京王相模原線橋本までの二方面を走ります。各方面1日5本で、運行時間帯は平日は午後8時台~午前0時台、週末と休日は午後5時台から同9時台まで。両方面ともおおむね1時間に1本となります。ちなみに愛称の「京王ライナー」とは昨年春の利用客の投票で最多を得たものとのこと。

京王ライナーの停車駅は?

京王ライナーの停車駅は下記の通り。明大前や調布といった主要駅に停車しないため、多摩ニュータウン地区にノンストップで行くことが可能となります。

%e8%b7%af%e7%b7%9a%e5%9b%b3画像出典:京王電鉄HP  https://www.keio.co.jp/zasekishitei/index.html

 

調布に停車しないのにはネット上で様々な意見が上がりましたが、新宿から調布まで準特急で15分程度なので京王としては有料での乗車があまり見込めないと考えたのかもしれませんね。

運行ダイヤは?

京王ライナーの時刻表は下記の通り。

京王線 平日(京王八王子行き)

%e7%84%a1%e9%a1%8c

相模原線 平日(橋本行き)

%e7%84%a1%e9%a1%8c2

京王線 土休日(八王子行き)

%e7%84%a1%e9%a1%8c-3

相模原線 土休日(橋本行き)

%e7%84%a1%e9%a1%8c4画像出典:京王電鉄HP  https://www.keio.co.jp/zasekishitei/index.html

 

京王ライナーは下りのみの運行で登りの設定がありません。通勤時間帯の朝のラッシュ時は、多くの人が有料でも座って通勤をしたいだけに、朝の時間帯の登り運行がないのは少し残念ですが、ただでさえ遅れがちな朝の過密ダイヤに特急電車を組み込むことはなかなか難しかったのかもしれません。今後の利用率を見ながら、京王ライナーを増発されることも考えられるので、期待を持ちながら待ちたいと思います。

乗車するのに必要な券は?

通常の乗車券の他に、400円(小児同額)の座席指定券が必要になります。なお、府中駅もしくは京王永山駅から乗車する場合は、座席指定券の購入は必要ありません。

座席指定券はどこで買えるの?

京王ライナーの座席指定席は京王線新宿駅改札外と構内にある専用券売機で現金・交通系ICカードにて購入できます。(乗車当日の始発~発車1分前)または「京王チケットレスサービス」のWEBサイトに会員登録するとPCやスマートフォンから各種クレジットカードで指定席が購入可能です。(乗車当日の始発~発車15分前)

 

京王チケットレスサービス

PCからはこちらから https://www.keio-ticketless.jp/keio-web/top.xhtml

スマホからはちらから https://www.keio-ticketless.jp/keio-web/sp/top.xhtml

 

新宿駅専用券売機

改札階 改札外(京王西口改札)・・・①

改札外(京王百貨店口改札)・・・④

改札内・・・②③

ルミネ口 ルミネ口改札内・・・⑤

ホーム階 2番線ホーム売店裏・・・⑥⑦

 

%e6%94%b9%e6%9c%ad%e9%9a%8e

%e3%83%ab%e3%83%9f%e3%83%8d%e5%8f%a3

%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e9%9a%8e

出典:京王電鉄HP  https://www.keio.co.jp/zasekishitei/index.html

 

※1.①④は朝4:30~発車5分前まで販売。支払は現金もしくはICカード。号車選択可。

※2. ②③は朝4:30~発車2分前まで販売。支払は現金もしくはICカード。号車選択可。

※3. ⑤は朝6:30~発車3分前まで販売。支払はICカードのみ。号車選択可。

※4. ⑥⑦は発車30分前~発車1分前まで販売。支払は現金もしくはICカード。号車選択不可。

 

特徴としてWEBサイトからは座席指定できますが、専用券売機は座席指定できません。また「京王パスポートVISAカード」を持っている方は優先予約サービスとして前日の朝4時30分から予約することが可能です。(現在、京王ライナーがデザインされた京王パスポートVISAカード(限定1万枚)が入会キャンペーン中です。)

京王ライナー5000系の車内は?

京王ライナーはロング・クロスの転換シートで運行時は進行方向に座席が向くクロスシートになります。座席の下には1人にひとつずつ電源コンセントが使用できるので、スマホを充電しながら帰宅できますね。また新宿駅停車中は指揮者の和田一樹さんが作曲したオリジナルBGMが車内に流れるほか、車内の照明が落ちついた暖色に変化。フリーWi-Fiや空気清浄機「ナノイー」も導入されるなど至れり尽くせり。新宿から多摩センター駅まで24分で到着してしまうのが惜しいような気がしてしまいますね。

車内の詳しい様子はこちらの東洋経済オンラインの記事で紹介されています。

2月22日の運行開始を前に各種キャンペーンもスタート

インスタグラム上で「#京王ライナー」と「#京王永山駅」などの停車駅名のハッシュタグをつけて投稿すると、抽選で旅行券10万円などが当たる「京王ライナー投稿キャンペーン」が3月15日まで実施中です♪

 

いかがでしたでしょうか。

今回のダイヤ改正では京王ライナーの登場の他にも朝のラッシュ時の時間帯に相模原線に準特急4本(内2本は京王多摩センター駅始発)が新設され京王多摩センター、新宿間が最大で7分短縮(45分→38分)されたり、相模原線の運賃を最大20円値下げ(6ヶ月定期の場合は最大4050円の値下げ)したりと新宿~多摩ニュータウンエリアの利便性が格段に向上する内容となっています。

相模原線のライバルである小田急多摩線においても3月にドラスティックなダイヤ改正が予定されていることから、京王としても一歩も引かないぞ、という意思を感じることができる改正内容ですね。大手鉄道会社二社の競争から今後の多摩ニュータウン地区のさらなるサービス、利便性の向上を期待したいと思います。

京王線ダイヤ改正の詳細については公式ホームページにてご確認ください。