広大な都市公園、多摩中央公園で多摩の季節と文化に触れてみよう!

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

2018年、新年明けましておめでとうございます。いよいよ本格的な冬の到来ですね。寒いからと休日も家に閉じこもって過ごしていませんか?寒い冬こそ風邪などをひかないように積極的に体を動かして免疫力を高め、活動的に過ごしましょう。

多摩ひろば新年第1回目の今回は、冬空の下でも家族で元気に走り回れる多摩センターの「多摩中央公園」をご紹介したいと思います。

多摩中央公園は多摩市のシンボルでもある複合文化施設「パルテノン多摩」に隣接する公園で、丘の上に位置し、大きな池と広い芝生があるのが特徴です。

敷地面積は98,500平方メートルと広大で、多摩ニュータウンの象徴となる総合公園に指定されています。公園外周には「県木の道」と称する各都道府県の指定樹木を植栽した樹林道が施され、路程には石造の距離標柱が立てられているため一周1kmのジョギングコースとしても利用できます。周辺地区は、歩行者と車の通行を区分した歩車分離の街づくりとなっており、公園へのアクセスは歩行者専用道路を通じて行き来ができるので小さなお子さんのいるファミリーでも安心です。芝生広場にある大池には非常用の貯水槽が具備されており、災害発生時に利用することが可能なように設計されています。

また敷地内には、「パルテノン多摩」をはじめ「グリーンライブセンター」という四季折々の花を楽しめる場所や、古民家の「旧富澤家」など複数の文化施設があり、多摩の四季折々の季節や歴史に触れることのできる場所がたくさんあります。
多摩センター駅からほど近い場所にあるため、近くには、ショッピングモールもあり買い物、お食事にもとても便利で休日を家族と過ごすには絶好の場所となっています。

 

それでは園内を詳しくご紹介していきたいと思います。

グーグルマップで場所を確認。公園の広さがわかりますね。東京ドーム約2個分の面積があります。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f1

多摩センター駅から来る場合は、パルテノン大通りの突き当たりにあるパルテノン多摩の中央部に組み込まれた大階段を登ります。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f2

階段の上からはパルテノン大通りを一望できます。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f3

階段の上には「きらめきの池」広場があり、ここからは多摩センターの街並みが一望できます。この日は天気が良かったせいか水面が本当にきらめいていました。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f4

%e5%86%99%e7%9c%9f5

%e5%86%99%e7%9c%9f5-2

まずはきらめきの池広場から外周道路を北東方向へ進みます。これが県木の道ですね。たしかに多様な樹木が植えられています。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f6

しばらく歩くと緑に囲まれた「グリーンライブセンター」が現れます。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f6-2

グリーンライブセンターは「季節の花咲く庭の”グリーンライブガーデン”、やわらかな光あふれる温室”ピラミッドギャラリー”、木目調の明るいホール”ライブホール”」で構成されている施設で「みどり豊かで快適なまちづくり」をめざし、都市の緑化を推進していくための拠点施設として平成2年に開設し、2011年4月1日から、多摩市と恵泉女学園大学と多摩市グリーンボランティア連絡会の3者により協働事業として管理運営されています。

現在は緑に関する講座の開催、緑化相談と啓発、みどりの保全活動を通じての人材育成などが事業の柱として取り組まれています。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f7

こちらが光あふれる温室のピラミッドギャラリー。グリーンライブセンターのシンボルで古代インディオが染料に利用したベニノキなど200種を超える温帯・熱帯性植物で構成された、緑いっぱいの空間です。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f8

身近な観葉植物も多数植えられており、家庭で植物を育てる時の参考にもなりますね。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f8-2

温室の中には緑に囲まれてくつろげるスペースも用意されています。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f9

こちらがピラミッドギャラリーの奥にあるライブホール。ここにはさまざまな展示や、植物に関する資料が並んでおり、係員の人が植物の相談も受け付けていたり、植物に関する講座が開催されていたりもします。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f10

材料費を払えば、どんぐりや松ぼっくりを使って工作もできるそうです。こういうのちょっとそそられますよね。(‘▽^人)

 

%e5%86%99%e7%9c%9f10-2

ライブホールでは恵泉女子大学の学生がカリフォルニアの体験学習で学び、特別に仕入れているオーガニックコーヒーを飲むことができます。(写真は別サイトからお借りしたものです)

 

%e5%86%99%e7%9c%9f11

ライブホールの外には季節の花咲く庭のグリーンライブガーデンが広がっています。

南向きの約800㎡の花壇は、エリア毎に一年草や宿根草、ハーブ、球根植物、バラと様々な植物が植えられ、一年を通して多彩な表情を作り出しています。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f12

外国のおしゃれな庭のようですね。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f13

%e5%86%99%e7%9c%9f13-2

老後はこんな庭で植物を育てながら余生を送れたら素敵ですね。ガーデン東側には散策路があり、日本の林でみられる山野草や草花が植えられています。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f14

寒さに負けずいろいろな花が咲いていました。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f15

これは「レイズドベッド」と呼ばれる土をかさ上げして高くし、しゃがんだりせずに作業ができる花壇です。レイズドベッドに植え込むことで、植物にとっては排水や通気がよくなり、また育てる人の身体的な負担が軽減され、車いすの方でも車いすに座ったまま作業することが可能になるそうです。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f16

グリーンライブセンターのさらに先に鳥居がありました。この先には「白山神社」があります。公園の敷地内ではありませんが、公園内から白山神社へ行くことができます。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f17

こちらが白山神社。ここはJリーグの東京ヴェルディが必勝祈願を行う神社ということで有名です。駅から近いので初詣にはぜひこちらにお参りしたいですね。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f18

外周路を戻り、今度は南西方向へと進みます。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f19

かわいらしいトイレがありました。身障者の方にも対応しています。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f20

公園南西のはずれには多摩市の文化財、「旧富澤家住宅」があります。この富澤家のご先祖様は、今川氏の家臣で、永禄3年(1560)今川義元が桶狭間の戦で亡ぼされた後、逃れてこの地に土着し、その後、代々連光寺村の名主を世襲したとのこと。この家屋は元々ここにあったわけではなく、平成2年5月に、多摩市連光寺富澤政宏氏より寄贈を受け、多摩市が復元後移築したとのこと。推定建築年代は18世紀中頃から後半と推定されているのだとか。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f21

どことなく気品のある門構え。松の木、立派ですね。なんでもここは明治天皇始め皇族方が、明治14年(1881)以来、幾度かこの地に兎狩りなどで来た際の「御小休所」として利用された由緒ある家らしいです。なるほど。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f22

庭にある池。秋は紅葉に美しく染まります。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f23

旧富澤家住宅は多摩市の文化財として保護公開されており、建物内も一部のスペースを除き見学することができます。但し内部の写真撮影は禁止。残念(*_ _)

 

%e5%86%99%e7%9c%9f25

建物内部は土間あり、囲炉裏あり、かまどあり、欄間ありのザ・日本家屋という感じでした。写真の代わりに平面図でイメージしてくださいね。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f26-2

旧富澤家住宅をあとにして公園中央へ戻ってくると、広大な芝生広場が現れます。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f26

季節柄、芝生の緑は失われていますが、皆さん肌寒い中、元気に走り回っていました。新緑の季節には美しい緑の芝に覆われます。

どんな感じかというと・・・

 

春になーれー。しゃらんらー♪
%e7%84%a1%e9%a1%8c

%e5%86%99%e7%9c%9f%e8%bf%bd%e5%8a%a0

どどーん!と、こんな感じです! 元気に走り回りたいですね~♪ ε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛

 

%e5%86%99%e7%9c%9f27

芝生広場にある大池です。よく晴れた日は水面がとても美しく輝きます。ドラマのロケやCMにもよく利用されているとのこと。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f28

水面にカメラを向けているとカモが寄ってきました。しかし野鳥へのエサやりはもちろん禁止。ごめんね。

 芝生広場をあとにして、きらめきの池広場に戻ります。ここまできたら帰路につく前にパルテノン多摩の中にある「パルテノン多摩歴史ミュージアム」に寄っていきましょう。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f29

%e5%86%99%e7%9c%9f30

パルテノン多摩歴史ミュージアムは、「多摩の自然とくらし」をテーマとした旧「常設展示室」をリニューアルし、2000年3月15日にオープンした歴史博物館で「多摩丘陵の開発のあゆみを探る」をテーマに、多摩ニュータウンや多摩丘陵の開発の歴史について展示しています。うれしい入館無料なのでここで様々な展示物を眺めながら多摩の歴史に思いを馳せるのもよいかもしれません。

 

いかがでしたでしょうか。

駅前の都会的な雰囲気とこうした自然豊かな環境を同時に満喫できるのが多摩センターの魅力のひとつです。大規模なレジャーランドも楽しいけれど、たまにはこうした自然の中をゆっくり歩けば何か新しい発見があるかもしれませね。

 

<多摩中央公園>

〒206-0033 多摩市落合2-35

TEL:042-338-6837(環境部公園緑地課)

開園時間 公園は特になし

アクセス 多摩センター駅より徒歩5分

駐車場 なし(近隣の有料駐車場を利用)

 

<グリーンライブセンター>

〒206-0033 多摩市落合2-35 (多摩中央公園内)

TEL:042-375-8716

開館時間 9:30~17:00

入館料 無料

休館日 毎週月曜日・第4火曜日(祝日の場合はその翌日)及び年末年始

ホームページ http://www.keisen.ac.jp/tglc/

 

<旧富澤家住宅>

〒206-0033 多摩市落合2-35 (多摩中央公園内)

TEL 042-338-6883(多摩市教育委員会文化財係)

開園時間 9:30~16:30

入園料 無料

休園日 毎週月曜日、その他施設点検日(月2~4日)及び年末年始