安くて美味しい学食を食べ尽くせ!~中央大学多摩キャンパスの巻

pixta_26150595_m

皆さんは大学の食堂(学食)というとどんなイメージをお持ちでしょうか?“安かろう悪かろう”。一昔前までそんなイメージでしたが、ここ数年の学食は、ホテルやレストランとコラボして本格的な料理を出す大学もあり、「安いまま味が向上」というとってもハッピーな状況になっています。

ここ多摩ニュータウン地区にもたくさんの大学のキャンパスが進出しており、それぞれの大学が個性的な学食を提供していますが、多摩ひろばでは、数回に分けて多摩地区にキャンパスを持つ各大学の学食を実食し、レポートをお届けしていきます。                          第一回目の今回は、多摩モノレールの「中央大学・明星大学駅」駅で下車し、数ある大学の中で「学食天国」と呼ばれてる中央大学の多摩キャンパスの学食をご紹介します。

 

中央大学多摩キャンパスには20,000人以上の学生が在籍し、大学の周辺にお店が少ないこともあり、学食には毎日10,000人以上の学生が来店しているとのこと。しかし10,000人って…凄いですよね。年間に直すと多摩キャンパス近くの多摩動物公園の来場者数(約100万人)を軽く超えちゃってるような気がします。

そんな学食天国の中央大学多摩キャンパスには「ヒルトップ」という学食のみで構成される4階建ての学食棟があり、そこには、トム・ボーイ、レストランコープ、喫茶テラス、ベーカリー&カフェ・Flat、カフェテリア、芭巣亭、日和、四季、和おん、と9店舗の学食があり、さらにCスクエアという少し離れたところにあるリーフカフェというところを含めると合計10店舗になります。キャンパスの端から端まで歩くと30分弱も時間を要してしまう、東京ドーム11個分の広さのキャンパスにはこのくらい店舗数があっても驚くことではないのかもしれませんね。以下その中でも特徴的な店舗をご紹介していきます。

 

%e3%83%92%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97

こちらがヒルトップ。余分なものを削ぎ落したシャープな外見はあまり食堂っぽくありませんが、建物の中は学食天国が広がっています。

 

%e7%94%bb%e5%83%8f2%ef%bc%882%ef%bc%89

ヒルトップは1F~4Fまであり、定食や丼・麺類等、様々なメニューを楽しむことができます。

 

それでは1Fから順番に紹介していきますね。

%e5%86%99%e7%9c%9fa

まずはヒルトップ1階部分。ここには、「トム・ボーイ」という中央大学にしかないハンバーガー専門店があります。

ハンバーガー飲み物ポテトがセットになってなんと310円からという学生に優しい価格で提供しており、夏にはソフトクリーム目当てで行列が出来たり、日替わりのスイーツがあったりとサイドメニューも非常に充実しています。構内にオリジナルのハンバーガーショップがあるとはなんとも羨ましいですね。

 

%e7%94%bb%e5%83%8ff

こちらはお弁当や調理パンを販売している「ニードショップ」 コンビニ感覚で立ち寄れるお店です。

ここでは通常のサイズのお弁当に加え、ミニ弁当も販売されているのでダイエット中なので少しだけ食べたい、という人や、少しずついろいろと食べたい、という人に最適です。ミニ弁当+サラダの組み合わせは栄養バランスも良くなりオススメですよ。

 

%e7%94%bb%e5%83%8fe

こちらがラーメン、カレーなど定番の学食が食べられる生協食堂、「レストラン・コープ」

筆者は数年前にも中央大学の学食を利用したことがありますが、内装がリニューアルされており、以前よりもお洒落で明るく温かみのある空間になっていました。

やはり若者に人気のある食べ物と言えば、まずラーメンが思い浮かびます。お昼のちょっとした時間に、手軽に食べられるのもラーメンの魅力の一つ。レストラン・コープでは、しょうゆ・塩・みそといった定番から、特製担々麺(460円)や、塩・味噌とんこつラーメン(360円)など量や味を変えたメニューが目白押し。もりそば・かけそば(230円)は、節約したい大学生にとっては強い味方。学食ランキング3位にはいるほど人気です。財布に優しいのもポイントが高いですね。

 

image1

こちらが醤油ラーメン(310円) 王道の醤油ラーメンが310円で食べられるのは嬉しいですね。

 

%e7%94%bb%e5%83%8f5

こちらが八王子ラーメン(440円)

八王子ラーメンとは、東京都八王子市のご当地ラーメン(ご当地グルメ)。醤油ベースのタレにトッピングとして一般的なチャーシューやメンマの他に、刻みたまねぎを使うことに特徴があります。表面を覆う油が玉ねぎの辛みを抑え、甘みを引き出しており、食欲をそそります。八王子市役所職員や地元大学生による町おこしにも利用されたそうです。

 

%e7%94%bb%e5%83%8fb

レストラン・コープの人気定番メニュー、ハンバーグ&コロッケ(410円)は、アツアツの鉄板に乗せられて提供されます。広い学食内の移動で、おかずが冷める心配もなし。その他、チキンソテー(460円)や鉄板焼肉(490円)など、魅力的なメニューがもり沢山。学生のことを考える、温かみが感じられますね。

 

%e7%94%bb%e5%83%8f6

チキンカツおろしポン酢定食(460円)おろしポン酢をつけなければ410円です。この微妙なチョイスができるあたりが学生には嬉しいのかも。

 

%e7%94%bb%e5%83%8f7

中大ランチ(390円)

今回は食べることができなかったのですが、アジフライと唐揚げ・コロッケの定食「中大ランチ」もお値段の割に食べ応えがありそうでとても気になりました。どのメニューもボリューム満点で何を食べようか迷ってしまいますね。

 

続いて2Fです。

%e7%94%bb%e5%83%8fg

%e7%94%bb%e5%83%8fh

%e7%94%bb%e5%83%8fi

2Fにはベーカリーショップの「Flat」とレストランの「COOP CAFETERIA」と喫茶の「喫茶テラス」がありますが、2015年9月23日からリニューアルオープンし、Flatが移動してレイアウトが一新され、カフェでは、ビュッフェコーナーが導入されたそうです。

 

%e7%94%bb%e5%83%8fc

喫茶テラスのビーフエッグドリア。こちらも注文を受けてからオーブンで焼き上げます。ビーフドリアにとろけるチーズと半熟たまごが絡み合うところは見ているだけでもよだれが出てきます。喫茶テラスはお昼の時間帯でも比較的空いているので座れるという点で学生からの評価が高いとのこと。

 

↓↓ここであまり食べ過ぎてしまうと4Fまでお腹がもたないので他のお店はメニューの写真だけ載せておきますね。

%e7%94%bb%e5%83%8f12

%e7%84%a1%e9%a1%8c

うーん。どれも美味しそうですね。しかも安い!!

 

続いて3Fへ。

ここにはレストラン「芭巣亭」があります。昔、中央大学のバスのりばにあった吉野家さんが撤退されたあとに出来たお店で、その後、多摩都市モノレールが開通してバスのお客さんが減ったためにヒルトップに移転したとのこと。もともとバス停にあったお店だから「芭巣亭」なのですね。なるほど。

↓↓お腹が苦しくなってきたのでここもメニュー写真のみでご紹介します。

%e7%94%bb%e5%83%8f15

%e7%94%bb%e5%83%8f16

こちらも定食もの、丼もの、麺類、カレー系と充実のラインナップですね。トッピング可能なクレープがあるのが甘党の筆者としてはポイント高かったです。メニュー毎にカロリー表示があるのも女子学生にとっては嬉しいですね。

 

それでは最後の4Fへと参りましょう。

%e7%94%bb%e5%83%8fj

%e7%94%bb%e5%83%8fk

%e7%94%bb%e5%83%8fl

4Fには和風レストランの「四季」と本格讃岐うどんが食べられる「和おん」、ヘルシーレストランの「日和(ひより)」があります。

ヒルトップが有する店舗の中で学食として一番ユニークなのは、和食に特化したレストランがあるというところ。和風レストラン「四季」は、景色が一望できる4階にあり、店内には座敷を設け、落ち着いた雰囲気を演出しています。人気の和風とんかつ(510円)や冬は鍋料理を提供するなど、本格派。四季御前(540円)は、魚と季節の味わいを楽しめて、このお値段。「安くてお腹いっぱい」だけではない、豊かな食へのアプローチをしてくれているのが嬉しいですね。

最上階から見渡す四季折々の風景を体感しながら上質な味を堪能することができるこの学食は週刊誌「女性自身」の全国学食ランキング3位に入賞したこともあるそうです。大変居心地が良く、あまり長居してはいけない学食につい長居してしまいそうです。

 

%e7%94%bb%e5%83%8f8

こちらがさばの味噌煮定食(490円) ヘルシーで栄養バランス満点。うれしい肉だんご付です。

 

%e7%94%bb%e5%83%8f9

和風とんかつ定食(510円) 熱々でさくさくのとんかつお肉が食べたい学生には人気メニューのようです。

 

%e7%94%bb%e5%83%8f10

四季ランチ(440円) 鶏のから揚げと白身フライ、お肉も魚も楽しむことができ、440円とは思えないボリューミーな充実ランチです。

 

%e7%94%bb%e5%83%8fd

こちらは「日和」のにぎり寿司10貫セット。エビ、タコ、サーモン、マグロ、イカ、つぶ貝などのお寿司6貫に味噌汁のセットで350円、10貫で550円というお手頃価格のセットです。こちらのお寿司は、赤酢という江戸前寿司にのみ使用するすし酢を使っているので、酢飯が山吹色をしています。+100円で締めのミニうどんまで付いてきますよ!学食ににぎり寿司とはなんとも斬新ですね。

 

%e7%94%bb%e5%83%8f17

こちらは「和おん」のメニュー。こだわりの本格讃岐うどんが食べられる学食です。うれしい期間限定メニューもたくさん用意されていますね。

 

いかがでしたでしょうか。

筆者はなんとも中央大学多摩キャンパスの学生さん達が羨ましくなってしまいました。これほどの規模だと「よし!ヒルトップを制覇するために中央大学を目指そう!」という受験生もいるかもしれませんよね(笑)

さて、中央大学多摩キャンパスではいよいよ11月2日(木)~11月5日(日)の日程で、前夜祭を含め計5日間で総来場者数5万人を動員するという関東最大級の学園祭、「白門祭」が開催されます。学生の皆さんはヒルトップでしっかりご飯を食べて元気に学園祭を乗り切ってくださいね。営業時間に一部変更がありますが、白門祭の期間中もヒルトップを利用することが可能とのこと。来場者の皆さんはこの機会にぜひヒルトップに足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

<中央大学 多摩キャンパス ヒルトップ’78>
東京都八王子市東中野742-1
TEL:042-674-3011
営業時間、定休日 http://www.chudai-seikyo.or.jp/time/index_time.html